【真夏のイタリア】ローマとフィレンツェ5日間!- ローマ観光後編(バチカン市国付き)- 今回の目玉はヴァチカン美術館だ!

ヨーロッパ編

 

もい!ぷっちょ(@pucho0522)です。

【2017年の夏休みに訪れたイタリア旅行】

を振り返りたいと思います。

 

りんご
ぷっちょ
2017年の8月にローマとフィレンツェ5日間の旅をしました。真夏の時期に行ったので本当に暑かったです…。この時期に行かれる方は熱中症対策をしっかりとした方がいいです!
りんご
ぷっちょ
2年前なのでざっくりとした紹介ですが、写真はたくさん撮っていたので画像多めの駆け足レポートとなっています!
りんご
ぷっちょ

今回は『ヴァチカン美術館』の情報が多めです。予約方法や美術館の様子をチェックできます。また、バチカン市国からポストカードを送ってみたレポもあるので、気になる方は見てみてね!

 

スポンサーリンク

イタリアレポートについて

今回のイタリア旅行レポートは…

1. ローマ観光前編

【真夏のイタリア】ローマとフィレンツェ5日間!ローマ観光 - 前編 - 世界遺産はスゴかった…。
もい!ぷっちょ(@pucho0522)です。 今回から4週連続! 【2017年の夏休みに訪れたイタリア旅行】 を振り返りたいと思います。 ぷっちょ 2017年の8月にローマとフィレンツェ...

詳しい全体のスケジュールも↑こちら↑で公開しているので要チェック!

2. ローマの全レストランを紹介するグルメ編(前回の記事)

【ローマの美味しいレストラン4選】 ~おまけ付き(リアル失敗談)~
もい!ぷっちょ(@pucho0522)です。 2017年の夏休みに訪れたイタリア旅行を振り返ります。 ぷっちょ 2017年の8月にローマとフィレンツェ5日間の旅をしました。ほんっとに暑かったな〜ジェ...

3. ローマ観光後編・ヴァチカン市国編(こちらの記事)

4. フィレンツェを大量の画像で振り返る編(次回の記事)

上記の4つの構成となっております。

 

今回は 3. ローマ観光後編・ヴァチカン市国を振り返っていきます!

ローマ観光後編

ローマ観光最終日。

主要な観光地はローマ観光前編で行ったので、今回はナヴォーナ広場とスペイン広場周辺を散策!

ナヴォーナ広場

まずたどり着いたのはナヴォーナ広場です。この美しい噴水を中心にカフェテラスが建ち並んでいます。

市場や飲食店が多い賑やかなエリアです。私たちはビールを頼んでここで少しだけ休憩しました。散歩するのに丁度いい旧市街ですよ。

 

パンテオン

数々の著名な芸術家たちのお墓があるところです。

この真上は美しい円形(クーポラ)になっています。これにはミケランジェロも「天使の業」と讃えたそう。

入場無料でした。少し行列ができていましたが、流れが早くすぐに入場できますよ!

http://beniculturali.it

 

サン・ルイジ・デイ・フランチェージ教会

ここは夫の知り合いの方におすすめ頂いたスポットです。数ある教会の中で1番素晴らしいと感じた場所です。

バロック画家のカラヴァッジョが描いた3部作の絵画で有名な教会だそうです。

入場無料です。ナヴォーナ広場へ行かれた際にはぜひ訪れてみてください。

http://saintlouis-rome.net

 

スペイン広場

映画『ローマの休日』の舞台となった場所。階段に座った人が沢山いますよね。

ここで注意することは、親しげに日本語を話しかけてくる人がミサンガを売りつけてきたり、バラの花を手渡ししようとしてくるので受け取らないように気をつけてくださいね。高額なお金を請求してくるようです。

また『ローマの休日』でこの階段でジェラートを食べるシーンがありますが、現在ここでの飲食は禁止されているので注意です!

 

国がまるごと世界遺産のバチカン市国!

やってきました!バチカン市国。誰もが知っている【世界最小の国家】です。

東京ディズニーランドとほぼ同じ大きさだそうです。

私たちはこのサンタンジェロ橋を通って向かいました。

 

サン・ピエトロ寺院

まずはサン・ピエトロ寺院。通りを歩いているだけで迫力が伝わってきます。

到着!周りを囲むように建てられています。

さらに、それに沿ってサン・ピエトロ寺院の行列がドバーーーっと並んでいるんです。見学自由で無料ですが暑い中、何時間も並ぶのは厳しかったので断念。

ただやっぱり素晴らしい建造物と優美な内部で有名なので、行きたかったですね。私たちは翌日に控えている【ヴァチカン美術館】で本気を出そう!ということになりました。

 

http://vatican.va

 

ヴァチカン美術館

貴重なイタリアの美術作品が展示されたヴァチカン美術館。内部はとても広く、1日で見てまわるのは不可能と言われています。

滞在時間は余裕を持った方が良いです。早足で2時間半、しっかりめで4時間、1日かける方もいるそうです。

人によって鑑賞するペースが違うと思うので、事前に見学スケジュールを考えておくとベストです!

解説していくのが難しいので約20枚の写真を使って振り返ることにします!
(写真の最後に予約の詳細や注意点を解説しています。)


入場してはじめに撮った写真。


とても混雑。ツアーの団体さんと被ると前に進めません。笑


色々なコンセプトを持つ『間』があります。それぞれ特徴があり楽しいです。


絵ではなく彫刻ですよ!私は天井を見上げすぎて首が痛くなりました。

素晴らしい絵画ばかり…私は天井に描かれた絵が大好物です。


そしてここは『地図のギャラリー』。二人とも一番テンションが上がった場所です。

1580年代の地図が並んでいます。


天井もかなりゴージャス。ここまでくると首がつりそうです…。

最後はシスティーナ礼拝堂という必見スポットへ向かいました。
※神聖な聖堂内のため写真撮影や私語が禁止されている場所です。

堂内にはびっしりと描かれたミケランジェロの傑作を観ることができます!圧巻です。ただ人がびっしりいるのでゆっくり鑑賞するのは難しいかもしれません。


最後はこの螺旋階段を降ってフィニッシュです。

私たちはほぼ早歩きだったので約2時間くらいでまわる事が出来ました!(早すぎた?笑)

 

ヴァチカン美術館のアドバイス

予約について

チケットはこちらの公式サイトから予約することが出来ます。→http://museivaticani.va

私たちが予約しようとした段階で予定していた日付が完売していたため、(次の日がヴァチカン美術館の閉館日だったため前日に集中していたようです。)ツアー会社(英語)でチケットを予約しました。

当日ヴァチカン美術館近くにあるツアー会社の事務所へ行き、バウチャーを提示します。
予約時間前に事務所の前に集合同じ時間を予約した方達と一緒にヴァチカン美術館の『予約者専用列』に並ぶ(ガイドさんが案内してくれます)入場後自由に見学!という流れでした。

予約者専用の列も結構並んでいて30分くらい並んだような気がします。当日券の人たちは倍以上に長い列なので、休日などの混雑が予想される日は予約必須だと思います。

大きな手荷物は持ち込めません

チェックアウトして荷物を持った状態で行きたい方もいらっしゃるかと思いますが、残念ながら持ち込むことができません。入り口にクロークがあるのでそこに預けるか、泊まっていたホテルに預けておくことをオススメします。

貴重品を入れる小さなバッグがあると何かと便利です!

 

http://museivaticani.va

 

バチカン市国からポストカードを送ってみた

螺旋階段を降りて少し進んだところに郵便局がありました。

そうです。私がとっても楽しみにしていたイベントです。

それは…バチカン市国から日本へポストカードを送ること!

ポストカードは郵便局に売っていたもの。好きなカードを選んで、1枚は日本にいる妹に。もう一枚は私たちの以前住んでいたスペインのお家に送ることにしました!

メッセージを書く机やペンも準備されていたので誰でもできますね!

切手は郵便局のカウンターでお願いすると買うことができます。種類がいくつかありました。

メッセージや住所等を書いて、カウンター隣にある郵便ボックスにカードを入れて完了です!このワクワク感たまらんです…。

1ヶ月かからないくらいでカードが届きます。記念になるし、送った妹にとても喜ばれました!

バチカン市国だけでなく、旅行先でカードを送るっていいかもしれませんね。

 

おわりに

ローマ旅とバチカン市国のレポート、いかがでしたでしょうか。

少しでも旅の参考になれば幸いです!

次のレポートは『また必ず訪れたい場所』No.1のフィレンツェ旅を振り返ります!お楽しみに!

りんご
ぷっちょ

ぷっちょでした!もいもい!

 

ローマ旅の前編はこちら↓

【真夏のイタリア】ローマとフィレンツェ5日間!ローマ観光 - 前編 - 世界遺産はスゴかった…。
もい!ぷっちょ(@pucho0522)です。 今回から4週連続! 【2017年の夏休みに訪れたイタリア旅行】 を振り返りたいと思います。 ぷっちょ 2017年の8月にローマとフィレンツェ...

ローマのレストラン情報はこちら↓

【ローマの美味しいレストラン4選】 ~おまけ付き(リアル失敗談)~
もい!ぷっちょ(@pucho0522)です。 2017年の夏休みに訪れたイタリア旅行を振り返ります。 ぷっちょ 2017年の8月にローマとフィレンツェ5日間の旅をしました。ほんっとに暑かったな〜ジェ...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました