初夏の島根&鳥取旅!憧れの出雲大社や松江周辺を中心に巡る2泊3日を振り返る!〜1日目 出雲&玉造温泉編〜

国内編

ども!ちく(@chikuhobbyphoto)です。

 

今回からは2017年7月に行った島根&鳥取旅行のレポを書いていこうと思います!

1回目の今回は2泊3日で訪れた旅の1日目のレポです。

ほぼ島根にいましたが、ちょっとだけ鳥取も行ったので、島根&鳥取旅行と言うタイトルになっています。

 

1日目は今回の旅の大本命その1 出雲大社を中心に、出雲や泊まった宿のある玉造温泉を中心に満喫しましたよ〜

ちくさん
ちくさん

神社仏閣好きなら一度は訪れたい憧れの場所 出雲大社!

そしてその周辺をたっぷり満喫してきました~

それでは旅レポスタートです!

スポンサーリンク

2泊3日のおおまかな日程をまとめてみた

1日目(この記事)

出雲縁結び空港から出雲大社へ

少し食べ歩きをした後は、稲佐の浜へ行き、そのあと日御碕神社や灯台へ

電車で玉造温泉へ行き、宿で晩御飯&温泉

 

2日目

玉造温泉から松江駅周辺へ

松江城を散策後、更に周辺も観光

月照寺へ参拝後、宍道湖をお散歩

1日目と同じ宿へ連絡だったので、再び玉造温泉へ

 

3日目

宿をチェックアウトし、鳥取へ

鳥取砂丘でめちゃくちゃはしゃぐ

鳥取コナン空港から帰る

出雲縁結び空港から旅がスタート!

東京 羽田空港から飛行機でひとっ飛び!

出雲縁結び空港から島根旅がスタートしました!

ここから一畑バスで出雲大社まで行くことが出来るので、バスで移動しましたよ〜

車窓からの景色。

青空!そして長閑な田んぼの風景!

ちくさん
ちくさん

田舎って感じの雰囲気!いいね!

出雲縁結び空港へのアクセス情報

  • 住所:島根県出雲市斐川町沖洲2633-1
  • 電話番号:0853-72-7500
  • 公式サイトはこちら

憧れの出雲大社と稲佐の浜!

まずは大本命 出雲大社へ行きました。

空港から乗ったバスは、出雲大社の目の前で停まってくれるバスだったのでスムーズに観光がスタート!

正面からしっかりと参拝!参道を見渡せるのも魅力!

出雲大社と大きく書かれた社号標と、木造の二の鳥居。

ここが出雲大社の正面の入口にあたる場所です。

 

この鳥居までずーーーっとまっすぐ道が続いています(バスで通りました)

この道は神門通りと呼ばれていて、ご飯屋さんやお土産やさんが並ぶエリアなので、出雲大社へ寄った帰りにぜひ寄りたいスポットになっています。

出雲大社のウサギたち

出雲大社の御祭神 大国主は、縁結びの神様として有名な神様です。

この神様にまつわるお話で、因幡の白兎伝説と言うお話があります(このお話の詳細はWikipediaをチェック!)

このお話に因んで、境内にはウサギの像がたくさんあるのです。

▲大国主とウサギ。

 

▼走るウサギたち。

▼読書をするウサギや、袋を持つウサギも。

▼神様のいる本殿を見上げるウサギたち。

色々なところにウサギの像があるので、探すのも境内散策の楽しみの1つなのです。

広い境内には注連縄やおみくじなども!

出雲大社の境内は派手さは全くなく、質素な色合いで厳かな雰囲気です。

その中にある有名な注連縄はぜひ見ておきたいスポット!

一番大きな注連縄は神楽殿と言う場所のものです。

 

注連縄にお賽銭(硬貨)を投げてささると縁起が良いと言う話が一部で伝わっているようですが、これはマナー違反な行為なのでやめましょう!

神様に対して罰当たりな行為だと言われています。

 

おみくじは1つ100円。

斬新な置き方で結構好き。

鳩!鳩!鳩!鳩たちに癒される!

境内には鳩のえさが20円で販売されています。

これを買って朝の袋を手に持つと、とんでもない勢いで鳩たちがやってきます。

腕にのってくれるんですよ〜

はーーー、このずっしりくる重み最高だわぁ

 

珍しい白っぽい鳩ちゃんもいました。

腕に乗せると朝の袋に顔を突っ込んで食べてました笑

そんなにご飯を独り占めしたったのか笑

ちくさん
ちくさん

マジで可愛すぎた。

鳥大好きなちくなので鳩とめちゃくちゃ触れ合いましたが、手にのせるのが怖い人は、餌を地面にばらまくと、鳩たちは地面の餌に夢中になります。

稲佐の浜へ!

出雲大社は海に近い場所です。

海へ向かって歩いていくと稲佐の浜があります。

出雲大社では毎年10月に全国の神様が集まって会議をすると言われています。

神様たちがまず通るのがこの稲佐の浜。出雲大社への玄関だと言われています。

稲佐の浜にあるこの岩。ここには鳥居が建っています。

稲佐の浜は大国主の国譲りの伝説にも登場している場所です。

出雲大社へ行ったら合わせて訪れたいスポットですよ〜

めちゃくちゃ晴れてて、すごく暑かった!でも青空綺麗で良い景色がみれたなぁ

出雲大社へのアクセス情報

  • 住所:島根県出雲市大社町杵築東195
  • 電話番号:0853-53-3100
  • 公式サイトはこちら
有名なパワースポット!出雲大社へ行ってきた【島根の神社】
ども!ちく(@chikuchanko)です。   今回紹介するのは出雲大社いずもおおやしろです。通称…

稲佐の浜へのアクセス情報

  • 住所:島根県出雲市大社町杵築北稲佐

稲佐の浜で景色を堪能してきた【島根の観光地】
ども!ちく(@chikuchanko)です。   今回紹介するのは稲佐の浜いなさのはまの景色です! …

神門通りで食べ歩き!

朝ごはんは飛行機の中で食べたのですが、気付けばもうお昼時!お腹はペコペコです。

せっかくなので出雲大社前の神門通りで何か食べることにしました。

神門通りのガイドはこちらのサイトを参考にすると、いろいろお店をリサーチ出来ます!

特集出雲大社門前町まち歩きマップ - 神門通り特集|出雲観光ガイド【出雲観光協会公式ホームページ】
出雲の観光・旅行情報満載の出雲観光ガイド!縁結びの地 出雲を代表する出雲大社をはじめ、見どころいっぱいの観光地。出雲そばをはじめグルメも大満足。縁結び由来のお土産物や「日本三美人の湯」の一つに数えられる温泉も女子旅のステキな思い出!
ちくさん
ちくさん

神門通りには特徴的なポイントもあって、お金の表記がではなくなんです。

縁結びの出雲大社にちなんで縁の表記がされているのかな?

まずはソフトクリーム!

たまごスイーツのお店でソフトクリームを食べるところからスタート!

あれ?お店に入ってランチじゃないの?と思った人もいるはず。

とりあえず、暑すぎてアイスが食べたかったのです。

370縁

たまごをたっぷり使っているソフトクリームで、たまごとミルクの甘みが合わさりとっても美味しいのソフトクリームでしたよ〜

青りんごフロート!?

まだまだ暑い!もうちょっと冷たいもの食べたいな〜と歩いていると、日本海というお店を発見。

地物を使ったお寿司が食べられるお店です。

店頭にフロートのポスターをみつけ、その中で一番珍しいと思った青りんごフロートを食べることに。あれ?寿司は?

500縁

バニラビーンズたっぷりのアイスに、フローズンのフルーツがトッピングされているクリームソーダです。

本当に青りんごの味でしたよ〜

体に染み渡る〜!

唐揚げ専門店の唐揚げ!

次は唐揚げ専門店光海どりへ!

お店には鶏グッズがたくさん置いてあって可愛い!

揚げたての藻塩唐揚げ5個入りを購入!

500縁

塩味の中にスパイスのアクセントがきいた美味しい唐揚げです。

柔らか食感もグッド!

 

結局食べ歩きでそこそこお腹が満たされたので、どこかのお店でランチを食べずに次の目的地へ行くことにしました。

アクセス情報

▼代表して神門通りの地図を載せます

日御碕へ移動!まずは日御碕神社へ!

バスで海沿いを走り、日御碕へ!

海沿いと言っても断崖絶壁のような崖の脇をひたすら車で走る感じです。

しかもバスに乗っていたら、だんだん雲行きが怪しくなってきて、土砂降りの雨が降ってきました。

 

だいたい30分くらいバスで移動しましたが、まさか雨が降るとは思わず、まず傘を買おうか?と言う話になりましたが、幸運なことにバスに乗っている間に雨が止みました。

今思えば、ゲリラ豪雨だったのかも。

出雲大社とは全く違う雰囲気!

まず最初の目的地日御碕神社へ到着!

出雲大社とは違い、こちらはとっても色鮮やか!

 

拝殿も同じような色合いです。

注連縄は出雲大社と形が似ています。

アクセス情報

  • 住所:島根県出雲市大社町日御碕455
  • 電話番号:0853-54-5261
  • 公式サイトはありません
海の近くにある日御碕神社で参拝してきた【島根の神社】
ども!ちく(@chikuchanko)です。   今回紹介するのは、出雲大社からバスで約20分くらい…

ウミネコと日御碕灯台!絶好のロケーションが最高すぎる!

日御碕神社から更に歩くと灯台があります。

そこを目指して歩くことに。

めっちゃウミネコおるやん?

日御碕神社も海から近いです。

港の方へ出てみると、経島(写真左)のあたりからめちゃくちゃ鳥の鳴き声がしてきました。

おわかり頂けるだろうか…?

テトラポットの上にめちゃくちゃウミネコがいるんですよ…!

 

すぐ目の前にもめちゃくちゃいる!!

流石に近付くと逃げます。が、カメラズームでなんとか撮れる範囲にいるウミネコたちなのでした。

 

この辺りはウミネコ繁殖の地なのです。

そりゃ〜、これだけいるわなぁ。

ウミネコの像もありました。

日御碕灯台

日御碕の文字の奥に灯台が見えてきました。

わーい到着!

稲佐の浜にいた頃は晴れていたのに、すっかり曇り空に…

お金を払うと灯台の一番上まで上ることが出来ます。

実際に行きましたが、階段がかなり急なので注意しましょう!

ちくさん
ちくさん

上るのも下りるのも結構体験でした。

海の見えるロケーションが最高!

さすが灯台のある場所!周辺に見える海の景色が最高です!

崖が多いです。

サスペンスドラマのクライマックスシーンに使われていそうなロケーション。

曇りでも十分素敵な景色でした〜!

晴れてたらもっと綺麗な景色だったのかなぁ。

アクセス情報

  • 住所:島根県出雲市大社町日御碕1478

代表して灯台のアクセス情報を載せています。

電車で玉造温泉へ向かうぞ!

日御碕から出雲大社前に戻ります。

今回の旅の宿は玉造温泉にあるので、電車で移動することに。

電車で移動する前にかき氷!

神門通りで食べ歩きをしてから、何も食べなかったので再び神門通り前でちょっと何か食べることに。

 

寄ったのはみちくさと言うお店です。

ここで食べたのがかき氷 いちごDX!

曇っていても暑かったのでついつい冷たいものに手が出てしまうんですよね〜

500縁

特製のいちごソースと練乳がたっぷりかかった贅沢なかき氷です。

元々の氷の色がわからなくなるまでこれでもかとかかっているシロップたち、とっても甘くて美味しかったなぁ。

そっと求肥が添えられているのもグッドポイント!甘くてもちもちして美味しい!

電車を乗り継いで出雲大社前から玉造温泉へ!

小腹が満たされたので一畑電車の出雲大社前駅から電車に乗りました。

ICカードではなく切符を購入!

電車はオシャレな外観でした!

ここから電鉄出雲市駅まで行きました。

出雲大社前から電鉄出雲市駅に行く間に1度乗り換えがあります。

乗り換え後の電車は古いタイプ!

色々な電車に乗れました〜

電鉄出雲市駅からJRに乗り換えて玉造温泉駅へ到着!

駅舎がどこも雰囲気が違うのがまた面白い!

みちくさへのアクセス情報

  • 住所:島根県出雲市大社町杵築南859-3
  • 電話番号:0853-53-1718
  • 公式サイトはありません

今回お世話になる玉造温泉の宿「旅亭 山の井」へ到着!

今回の旅行で2泊お世話になる玉造温泉街にある旅亭 山の井へ!

事前にチェックイン時間を連絡すると、玉造温泉駅前まで送迎バスを出してくれます。

駅から温泉街まで、徒歩だとちょっと距離があるので、ありがたくバスをお願いすることにしました。

まずは玉造温泉について簡単に紹介!

玉造温泉は、美肌の湯と呼ばれていて、女子に人気の温泉地なのです。

温泉は化粧水と同じような成分と言われるほど、美肌効果があると言われていて、ここの温泉は化粧水そのものに入っているようなものだとか!

日本ではじめて美肌になると話題になった温泉地です。

詳しくは玉造温泉公式サイトをチェック!

玉造温泉公式サイト・たまなび
美肌・姫神の湯 - 島根県玉造温泉街の情報を中心としたウェブサイトです。

ホテルへチェックイン!

バスを降りて、ロビーへ案内して貰い、チェックインの手続きを済ませます。

館内の写真。

ザ 旅館!という雰囲気が好き。

 

お部屋へ案内されました。

窓際にも小さなテーブルと椅子があります。

ここの灯りがいい感じ!

チェックインして休憩をしていたら、すぐに晩御飯の時間になりました。

 

晩御飯の写真(一部)

海が近いので海鮮メニューが豊富です!

コースなのでどんどん次の料理が運ばれてくるのですが、食べるのに夢中でほぼ写真を撮っていません笑

唯一撮ったのがデザート!

私、また甘いものの写真撮ってる…笑

山の井へのアクセス情報

  • 住所:
  • 電話番号:0852-62-0621
  • 公式サイトはこちら

宿泊者の特権!夜の玉造温泉を散策!

温泉地なので、ゆっくり温泉へ浸かろうかな?とも思ったのですが、晩御飯がボリューミーで、満腹の状態でお風呂に入りたくなかったので、夜の玉造温泉街をお散歩することにしました。

今夜の宿に決まっているからこそ、ゆっくり夜の街を散策しようと言う気持ちになったのかも?

 

フォトビュースポットにはカメラスタンドが用意されているので、スマホでもカメラでも良い感じの写真が撮れるような心配りもされているのです。

温泉街の中央に川が流れています。

無料の足湯スポットもありますよ〜

 

途中途中に、日本神話をモチーフにしたオブジェが並んでいるのもこの温泉街の特徴。

これはヤマタノオロチと対峙する素戔嗚尊の像です。

 

ちょっと歩くと玉造神社と言う神社があります。

そこは続く赤い橋。

夜の神社は流石に立ち入りませんでしたが、ここもカメラスタンドが用意されている場所だったので撮影してみました。

ひっそりとした雰囲気が良い感じ!

 

最初にお店の外観を撮り忘れていたので撮影!

このあとゆっくり温泉に入って1日目を終えました!

 

なんだかんだ出雲観光はあっという間に1日が終わった思い出があります。

ちくさん
ちくさん

海綺麗だったなぁ、また行きたいなぁ。

次回は2日目、島根の県庁所在地 松江周辺を中心に紹介していきますよ~!

コメント

タイトルとURLをコピーしました