初夏の島根&鳥取旅!憧れの出雲大社や松江周辺を中心に巡る2泊3日を振り返る!〜3日目 玉造温泉&鳥取砂丘編〜

ども!ちく(@chikuhobbyphoto)です。

 

今回からは2017年7月に行った島根&鳥取旅行のレポを書いていこうと思います!

1回目の今回は2泊3日で訪れた旅の3日目のレポです。

 

ほぼ島根にいましたが、ちょっとだけ鳥取も行ったので、島根&鳥取旅行と言うタイトルになっています。

3日目は玉造温泉&鳥取砂丘編!

ちく

2日目の玉造温泉を観光した時のレポと鳥取砂丘の様子をお届けします!

▼1日目の記事はこちら

▼2日目の記事はこちら

2泊3日のおおまかな日程をまとめてみた

1日目

出雲縁結び空港から出雲大社へ

少し食べ歩きをした後は、稲佐の浜へ行き、そのあと日御碕神社や灯台へ

電車で玉造温泉へ行き、宿で晩御飯&温泉

 

2日目

玉造温泉から松江駅周辺へ

松江城を散策後、更に周辺も観光

月照寺へ参拝後、宍道湖をお散歩

1日目と同じ宿へ連泊だったので、再び玉造温泉へ(この記事)

 

3日目(この記事)

宿をチェックアウトし、鳥取へ

鳥取砂丘でめちゃくちゃはしゃぐ

鳥取コナン空港から帰る

2日目の玉造温泉のレポからスタート!

今回の記事は、前回の続きから始まります。

松江市内を観光した後、今回の旅の宿がある玉造温泉へ戻りました。

だいたい3時すぎに戻り、玉造温泉を散策することに。

1日目の夜にも見た恋叶橋

まず見てもらいたいのはこの橋の写真。

この橋、1日目の夜に玉造温泉を散策した時に夜の様子を写真を撮っている場所です。

▼1日目の記事にも載せた写真がこちら

見てわかる通り、全く同じ場所から撮影しています。

ちく

カメラスタンドが用意されているので取りやすい画角なんだよね。

改めてこの橋のことを簡単に紹介します。

この橋は恋叶橋を言う名前です。

この橋の写真を撮り、その写真に玉造湯神社の鳥居が入っていると、恋が叶うと言われている橋です。

縁結びのパワースポットなんですよね!

玉造湯神社へ!

橋の先にある玉造湯神社へ参拝しました。

境内にある手水舎には、出雲大社を連想させる注連縄しめなわがあります。

神社の拝殿にも同じ注連縄が!!

ちく

島根と言うと出雲大社ですもんね~

同じ注連縄を使っているところも多いんだろうなぁ

青紅葉が綺麗な場所もありました!

玉造湯神社と言えば「叶い石」!

玉造湯神社のオリジナルお守りである叶い石。

境内にも販売所への看板が出ているほど有名なアイテムです。

叶い石本体、お守り袋、願い札の3点セットで600円

手順通りに叶い石にお願い事をしてからお守り袋へ入れて完成するお守りです。

叶い石の詳しい手順は個人ブログ ちくブロで紹介しているので、気になった方はこちらもチェックしてみて下さい!

玉造湯神社へのアクセス情報

  • 住所:島根県松江市玉湯町玉造522
  • 公式サイトはありません

晩御飯の前にもうちょっと玉造温泉を散策

温泉街を歩きます。

温泉街は中心に川があるので、橋がかかっている場所が多いです。

この大きな勾玉の橋は玉造温泉ならではの見た目な気がする。

 

歩いて行くと玉造アートボックスと言う建物に着きました。

ここは小さなお店や様々なクリエイターさんが出店しているこだわりの商品がたくさん揃っている場所なのです。

玉造温泉の可愛いカフェ!mame cafeへ!

玉造アートボックスの2階の一角にあるmamecafe

ここが玉造温泉へ行ったら私が行ってみたかった憧れのカフェです。

 

手作り感満載のメニュー表が可愛い!

このメニューは一部です。こんな感じのメニューがいくつかあります。

小腹が空いていたので濃厚ベイクドチーズケーキを食べました!

500円

見た目がまずオシャレで可愛い!!

mamecafeの「大人のメロンクリームソーダ」を飲んでみた

580円

バニラビーンズたっぷりのバニラアイスに生クリームとさくらんぼがのっています。

ソーダの味が凄く特徴的です。

よく見かけるメロンソーダやシロップ割炭酸と違うのです。

メロン果肉の味に、炭酸独特のびりびりする感じの味でした。

実際にメロン果肉も入っていて、このメロン果肉はフローズンですが、メロンの甘みを感じました。

ちく

私は店内で飲みましたが、テイクアウトも可能なクリームソーダですよ!

mamecafeへのアクセス情報

  • 住所:島根県松江市玉湯町玉造1241 玉造アートボックス2階
  • 営業時間:9:00〜19:00(L.O18:00)
  • 定休日:火曜日
  • 公式サイトはありません

宿泊先 山の井へ戻るよ!

玉造温泉街をちょっと散策した後は、昨日も泊まった旅館 山の井へ戻ります。

そういえば初日は外観も撮ってなかったなぁと思い、改めて撮影。

再びロビーの様子も。

チェックインの時はここで受付をします。

ちく

このザ・旅館!な雰囲気が良いわ〜

2日目の晩御飯(一部)

初日に続き、晩御飯は旅館内のコースです。

この日も海鮮がありました〜

そしてしゃぶしゃぶも!

お肉もお魚も満喫出来ちゃいます!

 

この日は出雲そばも出ましたよ〜

出雲の名物である出雲そば、出雲大社周辺では食べることが出来なかったので、旅館で食べられてラッキー!

 

デザートはアイスでした!

どれも美味しい!

この後、旅館内にある温泉に入りました。

徒歩数分の距離に姉妹館である保性館があり、山の井の宿泊者はこちらも無料で入ることが出来たので、こちらも入浴!

保性館のほうが露天風呂の浴槽が深い造りでした!

ちく

体があったまったし、疲れが取れた〜

3日目!朝から雨だけどもうちょっとだけ玉造温泉を観光するぞ!

あっという間に旅行最終日!最後の日も楽しむぞ!

山の井での朝

よっしゃ!今日も旅を満喫するぞ!と思い起きて外を見ると雨がめちゃくちゃ降ってました。

雨の日は雨の日の風情があるので私は好きです。

でも傘が荷物にあるから困るよね。

2日目の朝は写真を撮り忘れましたが、旅館の宿泊プランが朝食も付いているので、朝食も旅館内です。

ビュッフェスタイルではなく、盛り付けられた状態でこのように運ばれてくるんですよ〜

朝食を食べ、チェックアウトをした後に、最後にもうちょっとだけ玉造温泉を観光することに。

つり橋効果が期待できる橋

玉造湯神社の先にあるお寺が目的地だったので、そこまで歩いて行きました。

途中、田舎の川にかかっていそうな古い橋を発見!

吊り橋効果で恋愛運に期待が高まる橋なのだそう!

島根最後の観光は清巌寺へ!

もうちょっとだけ玉造温泉を観光したかった理由がこの清巌寺せいがんじ

玉造湯神社のちょっと先にあるお寺です。

かなり雨が降っている中でしたが、しっかり参拝させて頂きました!

ちく

このお寺はおしろい地蔵と言う名前のお地蔵さんが有名です。

お地蔵さんにおしろいを塗って、美肌祈願をすると言う、玉造温泉にふさわしいお地蔵さんがいるんですよ~!!

おしろい地蔵の写真や紹介はちくブロで詳しく解説しています。

御朱印を待っている間に、おしろいせんべいの試食を食べていました。

12枚入りで300円のかわらせんべいタイプの甘いおせんべいです!

玉造湯神社へのアクセス情報

  • 住所:島根県松江市玉湯町玉造530
  • 公式サイトはこちら

さらば島根、いざ鳥取へ!

清巌寺を後にして、2日目と同じ一畑バスで松江駅まで行きました。

そこから島根を出て鳥取へ向かいます。

島根から鳥取まで簡単に行けるだろうな~と全く下調べしなかったら、割と移動に時間がかかったよ

このタイトル通りのお話をしていきます。

島根と鳥取って、そんなに距離が離れていないんだろうな〜

電車乗り継いだら移動できるっしょ!くらいの軽い気持ちで松江駅へ行ったら、乗り継ぎが必要らしいと言うことを知りました。

 

結局、駅員さんに話を聞いて乗り継ぎ方法を知り、松江→米子まで行きました。

ここから更に特急券と乗車券を買ってスーパーまつかぜへ乗り、米子→鳥取へ。

 

乗り換えは1回だけでしたが、移動時間が予想以上にかかったので、この後の鳥取観光では鳥取砂丘しか行くことが出来ませんでした。

ちく

観光ルート決める時に、下調べって大事なんだなぁと痛感する出来事でした。

鳥取砂丘へ!まずは見晴らしの丘へ!

鳥取駅からループ麒麟獅子バスへ乗り、鳥取砂丘までやってきました。

 

あれ?砂丘ではないね…?

でもでもここが最初の目的地!

見晴らしの丘です!!

 

こんな感じで、鳥取砂丘を少し離れた場所から見渡すことが出来ます!

鳥取の名産 二十一世紀梨のソフトクリームを食べながら砂丘を眺めていました。

見晴らしの丘には大きな売店も入っているので、お土産を買うのにもオススメです!

リフトに乗って移動!

見晴らしの丘から砂丘へ向かいます。

こちらのリフトのりばから砂丘へサクッと移動出来ちゃいますよ〜

スキーのリフトみたいな感じだ!

こういう足がブラブラできる場所大好きなので、テンション上がりました!

砂丘へ!海辺でめちゃくちゃはしゃいだ!

砂丘へ到着!!

歩いているだけで靴に砂が大量に入ってきます。

思い切って裸足で丘を駆け上がりました。

結構息切れした…笑

傾斜があるのね…

ちく

鳥取砂丘にはラクダがいます。

が、乗って記念撮影するのはもちろん、ラクダの写真を撮るだけでも有料だったので、とりあえずスルーしました。

今更ですが、島根での朝で雨が降っていたくらいなので、鳥取も雨が降っていたようです。

幸い、雨は止んでいましたが、砂丘の砂は雨を含んでいて、ちょっと湿っているところもありました。

実際、行った時も青空と言うよりは曇り空だった!

 

知っていましたか?砂丘の端っこは海なんですよ!!

綺麗!!!

水が透き通ってる!!!

こりゃもう裸足で駆け抜けるしかない!!

彼氏くんと波打ち際を走り回ったり、丘の上まで全力ダッシュしたり、めっっっちゃくちゃはしゃぎました!!

ちく

足洗い場もあるので、裸足ではしゃいでも大丈夫でした!

鳥取砂丘へのアクセス情報

住所:鳥取県鳥取市福部町湯山2164-661

公式サイトはこちら

鳥取コナン空港から関東へ帰るぞ!

帰りは鳥取砂丘コナン空港から帰ります。

と言っても、砂丘からはちょっと離れているので、タクシーを拾って空港まで行きました。

名前にコナンと付いているくらいなので、空港のロゴもコナンっぽいです!

この名前、名探偵コナンの作者である青山剛昌先生が鳥取出身で、空港の愛称を鳥取砂丘コナン空港にして欲しいと言う要望を出して付いた名前なのだそうですよ!!

帰る前にちょっとだけすなば珈琲とか寄ってみたり

自分たちが乗る飛行機の時間まで少し時間があったので、遅めのお昼ご飯を食べることにしました。

やってきたのはすなば珈琲

「スタバ」じゃなく「すなば」です!

鳥取をメインにお店があるチェーン店らしいです。

鳥取空港内にもありました!

空港内のすなば珈琲は、コナンの中に登場するポアロ(毛利探偵事務所が入る建物の1階にある喫茶店)をイメージした建物です。

 

ココアとプリンを食べました!!

プリン 350円 ココア 400円

お昼の前にデザート食べちゃった…笑

 

同じく空港内にあるホテルニューオータニ鳥取が経営するレストラン アゼリアで後からオムライスを食べました!

値段はメモ忘れました。

鳥取コナン空港へのアクセス情報

住所:鳥取県鳥取市湖山町西4-110-5

公式サイトはこちら

以上、3回に渡る島根&鳥取旅行のレポをお届けしました〜!

海が見えるところ、やっぱ素敵だなぁ。

温泉もゆっくり入れて癒された〜

 

次回は日帰りで行った埼玉の川越レポを更新予定です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です