【箱根旅行ブログ】心も体も癒される1泊2日の温泉旅行#1

ども!ちく(@chikuhobbyphoto)です。

 

旦那と結婚してはじめての旅行先は神奈川の有名な温泉地箱根です。

あ、でもこれは新婚旅行じゃないんですよ!私がずっと箱根へ行きたくて、誕生日プレゼントとして箱根へ連れてって欲しい!とお願いして行くことなったので、あくまで誕生日プレゼントです。

 

箱根、良いですよね〜

温泉と言えば箱根!と連想する人も多いのではないでしょうか?

大人になってから訪れる箱根、1泊2日でたっぷり満喫してきたので紹介します。

ちく

今回は泊まった旅館天成園の情報もたっぷりお届けしますよ〜!

1日目は芦ノ湖周辺や天成園をゆっくり満喫しました!

おおまかな流れをまとめてみた

【1日目】(この記事)

1
新宿から箱根へ
箱根ロマンスカーで箱根湯本駅を目指すところからスタート!
2
芦ノ湖周辺へ!
箱根湯本駅からバスで芦ノ湖を目指します。箱根神社へ行ったり、船に乗ったり、ロープウェイで駒ヶ岳の山頂まで行ったり…
Last
箱根で特に有名な天成園へ泊まります
泊まったお部屋はなんと貸切露天風呂付き!お風呂はもちろん、アヒルのいる庭園もたっぷりと散策!

【2日目】

1
天成園から1日がスタート!
朝から天成園を満喫!朝食バイキングには自分でカスタマイズできる海鮮丼?!
2
箱根観音へ
天成園から歩いて少しの場所にある箱根観音へ参拝!
3
強羅へ
強羅から大涌谷を目指す途中、ちょっとしたハプニングが?!箱根美術館や強羅公園も訪れました。
Last
彫刻の森美術館でアートを楽しむ
箱根は美術館が多い観光地です。その中でも特に有名な彫刻の森美術館を満喫しました!

ちく

先にこの記事のネタバレをしますが、駒ヶ岳の山頂が最高過ぎました。天国ってこんな場所なんじゃないかな、と思った。

箱根ロマンスカーで箱根を目指します。

おはようございます!箱根までは箱根ロマンスカーに乗っていきます!

新宿駅から小田急線で行きます。10月最後の土曜日の朝だったので、混雑しているかな?と思い、あらかじめネットで予約をとってからいきました。

ロマンスカーの事前予約はこちらでおこなうことが出来ます!

https://www.odakyu.jp/romancecar/

ロマンスカーの中の様子

早速ロマンスカーへ!

社内はなんと貸切状態!

新宿駅から乗った人は、この車両は私たちだけでしたが、この後他の駅から同じ車両に乗ってきた人がいました。

ロマンスカー内では車内販売もしています。燻製たまごとコーンスープで朝ごはん!

箱根湯本駅へ到着!

電車で1時間弱、あっという間に箱根湯本駅へ着きました!

ここからバスで、今回の最初の目的地 芦ノ湖へ向かいます。

芦ノ湖へ行くぞ!

バスで約30分、芦ノ湖へ到着!

芦ノ湖の様子。晴れていて絶好の旅日和だね!

写真に写っているとおり、芦ノ湖には2種類の船があります。

1つは遊覧船、もう1つは海賊船です。

芦ノ湖の遊覧船と海賊船

そもそも何で2種類の船があるの?と疑問に思う人もいるはず。あ、見た目はそもそも違いますね!

遊覧船は伊豆箱根鉄道が運営している船海賊船は小田急が運営している船なのです。違う会社が運営しているのでこの2つ、実はライバル業者なんですよ~

ほぼ同じ航路を通るのですが、遊覧船は停まる港が4つ、海賊船は3つです。

  • 遊覧船の航路 箱根関所跡港→元箱根港→箱根園港→湖尻港
  • 海賊船の航路 箱根町駅→元箱根港→桃源台港

どちらも元箱根港のあたりから出発して、大涌谷へ続くロープウェイの近くへ辿り着きます。

更に大きな違いとして、遊覧船はその名の通り、遊覧します。芦ノ湖をぐるっと回る周遊ルートがあるのです。

箱根 芦ノ湖遊覧船公式サイトはこちら

箱根海賊船公式サイトはこちら

ちく

どっちに乗るか、旅行のプランを練る時に迷うのも楽しみの1つになるかも!

箱根神社へ参拝!

船の紹介をしましたが、船の乗る前に箱根神社へ行きます。

箱根神社への入口。芦ノ湖のほとりにあります。

箱根神社の神門。豪華絢爛な造りです。この先に拝殿があります。

箱根神社の拝殿の隣にある九頭龍神社。本宮は芦ノ湖のふもとにあるのですが、行けない人の為に新宮があります。

湖に浮かぶ鳥居

箱根神社へ訪れた人がほぼ訪れるスポットが湖に浮かぶ鳥居です。こちらは平和の鳥居と呼ばれている鳥居です。

見に行こうと思ったら、まさかの大混雑!!鳥居の前で記念撮影をする人たちの行列です。

鳥居の中心で記念撮影をしようとする人は多いのですが、脇から撮影する人は少なかったので、この画角から撮影!ここから撮った写真も良い感じだよ!

アクセス情報
  • 住所:神奈川県足柄下郡箱根町元箱根80-1
  • 電話番号:0460-83-7123
  • 公式サイトはこちら

Bakery&Table 箱根で青いクリームソーダとアップルパイを食べるぞ!

さてさて、遊覧船に乗って次の目的地を目指します。

と、その前に次の船まで時間があるので、ちょっと時間があるのでBakery&Table 箱根で休憩します。

お店の外観はこんな感じ。1階はパン屋さん、2階はカフェ、3階はレストランです。1階で買うことが出来るパンはカフェや外のテラス席でも食べることが出来ます。

アップルタート バニラアイス添え 540円

りんごがぎっしり入っている薄目の生地のアップルパイのようなものです。タルトではなくタートっていう名前なんですよね~

芦ノ湖フロート 600円

ちく

凄く綺麗なクリームソーダなんです…!

芦ノ湖の景色をそのまま再現した1杯!ソーダ部分はオレンジ風味のジンジャーエール、上にはバニラアイスとフローズンのオレンジ果肉がのっています。

ガラス張りの建物なので、本物の芦ノ湖を見ながら芦ノ湖フロートを飲みました!

アクセス情報
  • 住所:神奈川県足柄下郡箱根町元箱根9-1
  • 電話番号:0460-85-1530
  • 営業時間:カフェ 8:30~17:00、ベーカリー&パーラー 10:00~17:00、レストラン 11:00~18:00(土日祝のみ8:30~11:00までモーニングもやっています)
  • 定休日:なし
  • 公式サイトはこちら

芦ノ湖遊覧船で箱根園港を目指して出発!

出港の時間になったので芦ノ湖を走る遊覧船へ乗って箱根園港を目指してレッツゴー!

今回乗る遊覧船はこちら!

遊覧船の上から撮った写真。箱根神社の鳥居が見えています。

相変わらず箱根神社の鳥居は大人気!フェリーの上から見える貴重な景色!

遊覧船の一番上のずっと乗っていました。こんな感じでテラスのようになっています。

船乗り場の辺りの写真。奥にこの後目指す予定の駒ヶ岳が見えています。

進行方向に富士山が見えています!あ、上の方は雪が積もってる!

進んでいくと龍宮殿と言う建物が見えてきました。京都の平等院鳳凰堂を模して造られた建物なのだとか。高級旅館であり、日帰り入浴も出来る施設として観光客の人が多く訪れているのだそう。

箱根園港へ到着!湖尻港側からもちょうど船が来ていました。

ロープウェイへ乗って箱根元宮へ!

箱根園港へ到着!

駒ヶ岳ロープウェイから見える景色

駒ヶ岳ロープウェイに乗って山頂を目指します。

ロープウェイ乗り場はここ!

ロープウェイから見た景色。芦ノ湖とゴルフ場が見えます。

山頂へ到着!もっと高い所から芦ノ湖を見渡せます。右奥にちょっとだけ海も映っているんです!

まるで天国!?山頂にある箱根元宮

ロープウェイの山頂駅を出ると、小高い丘の上に箱根元宮が見えています。こちらが次の目的地です。

箱根元宮とその鳥居が奥に見えています。

ただただまっすぐに続く道。この先を進んでいきます。

ちく

人がいなくなると、風の音や鳥の鳴き声しか聞こえなくなりました。きっと天国ってこう言う場所なんだろうなぁ、と思いながらこの道を歩いていました。

山頂からの景色。奥に見えているのは海です!

ロープウェイ乗り場が遠くに見えています。

箱根元宮へ到着!周辺も不思議な雰囲気で素敵・・・!

歩くこと約10分、やっと箱根元宮が近付いてきました!!

この階段を上ったら着きます。あともうちょっと!

ゆるやかな階段なので息切れすることもなく、階段を上っていき、箱根元宮へ到着!

朱色の立派な社殿が素敵なのです。中へ入って直接参拝することが出来ます。

 

そしてもう1つの注目ポイントがこちら。天空の鳥居と言うキャッチコピーが似合う鳥居です!

この立地だからこそ、この天空の鳥居を見ることが出来るんです。神々しい…

階段を上って、鳥居をくぐったところから振り返るとこの写真のような1枚が撮れますよ!

箱根元宮の社殿周辺には岩?がたくさん転がっている場所もありました。

そして富士山が更に近くに見えます。山頂のほうはうっすらと雪が積もっていました。

箱根元宮の前あたりからロープウェイ乗り場を撮影。この後ここまで歩いて、ロープウェイで下に降りました。

アクセス情報
  • 住所:神奈川県足柄下郡箱根町元箱根80-1
  • 電話番号:0460-83-7123
  • 公式サイトはこちら

箱根湯本へ行くぞ!歩いて本日の宿を目指します

箱根元宮を後にして、箱根園の前にやってきたバスに乗り、箱根湯本へ戻ります。

今夜の宿を目指して箱根湯本の街を歩く

箱根湯本駅から宿泊先まで徒歩10弱、温泉街の街並みを楽しみながら歩きます。

宿へ向かう途中の川をなんとなく撮ってみた

途中で見つけた素敵な外観の建物。旅館かな?

coco-Hakoneで真っ黒な唐揚げを食べる!

チェックイン時間は午後5時予定、この時点でまだまだ時間の余裕があったので、ちょっと何か食べることにしました。そういえばお昼ご飯食べてなかった。

で、やって来たのはcoco-Hakoneココハコネと言うお店。

店頭の写真。からあげ屋さんです。

ここの名物は真っ黒の唐揚げ!気になるので食べてみます!

黒い唐揚げこと箱根溶岩。4個で900円です。

気になるお味ですが普通に美味しい唐揚げでした。かかっているソースが辛めのソースだったので、ちょっと辛い味。でも美味しい!

ちなみにもう1つ、更に辛い味の真っ赤な唐揚げがあるので、辛いのが好きな人はこちらもおすすめです。

アクセス情報
  • 住所:神奈川県足柄下郡箱根町湯本475-8
  • 電話番号:070-4006-5212
  • 営業時間:11:00~16:30
  • 定休日:月曜日、火曜日(祝日の場合は営業)
  • 公式サイトはこちら

更に歩くぞ!

美味しい真っ黒な唐揚げでお腹を満たした後は、更に歩きます。

ここからは川沿いを歩きました。

川の写真を撮ってる人が多かったので私も撮ってみた。

更にもう1枚撮ってみた。

今回宿泊する天成園へ

歩いて5分もしないうちに今回の箱根旅行で宿泊する天成園てんせいえんへ着きました!

旅館の外観。看板が大きいので近くまで行くとすぐわかります。

チェックインして部屋へ向かうぞ!

日帰り入浴も可能なこの旅館、宿泊者用フロントと日帰り客用のフロントが別々になっています。スムーズにフロントでチェックインを済ませ、部屋へ向かうことに。

天成園には各階を移動するエレベーターが2つあります。1つは金のエレベーター、もう1つは銀のエレベーター。

私たちは金のエレベーターの方が停まる部屋に近かったので、こちらを利用しました。

各階に「いちょう」「もみじ」など名前が着いています。私たちが停まる5階は「さくら」でした。

ピカピカの廊下。左右に沢山のお部屋があります。

客室露店風呂付きのお部屋に泊まるぞ!

泊まるお部屋は客室露天風呂付き!お部屋の様子を紹介しちゃいます!

寝るベッドはふかふか!和室ですが寝るのはベッドです。外国人の宿泊者向けなのかな。

旅館あるあるの座椅子と茶菓子たち。

座椅子のクッションもふっかふか!

お部屋から見える景色。緑が綺麗。

ベランダについている露天風呂。このお部屋に泊まる人は自由に入り放題です!

ベランダからは天成園自慢の庭園もよく見えます。

天成園の庭園と玉簾神社

天成園の敷地内には日本庭園があります。ここは開園時間なら天成園の誰でも入れるお庭です。

庭園ではたくさんの鯉やアヒル、カモたちがのびのびと暮らしています。

鯉と一緒にアヒルちゃんがいます。もふもふ。

庭園内にある玉簾の滝。

玉簾の滝の前は庭園内で一番人気のフォトスポットです。

顔出しパネルもあります。よく見ると左下にアヒルちゃんが!

庭園内には玉簾神社が鎮座しています。

こちらの神社は箱根神社より神様を御分霊頂いている貴重な神社です。

神社の入口。

長い階段を上った先に社があります。参拝はぜひこちらへ!

神社の手水舎。ここがまた素敵。

アクセス情報
  • 住所:神奈川県足柄下郡箱根町湯本682
  • 電話番号:0460-85-5521
  • 公式サイトはありません

庭園の景色とアヒルたち

庭園内には玉簾の滝の他にもう1つ滝があります。

もう1つの滝である飛烟の滝。写真内に玉簾の滝と書いてありますが、これは隣に玉簾の滝があるよ!と言う案内です。

カモちゃんたちが元気に泳いでいます。

真っ白もふもふボディがキュートなアヒルちゃんもいました。

こちらにおちりを向けるアヒルちゃん。たまらん…

旦那が撮影した庭園への入口。あれ?私より写真撮るのすごく上手い…!

貸切露天風呂とスイーツ

庭園をひとしきり堪能した後は、チェックインの際予約した貸切露天風呂へ向かいました。

貸切露天風呂は1回1000円(+税)

フロントで予約可能です。予約して指定した時間内であれば自由に入ることが出来ます。

貸切露天風呂はいくつかありますが、お風呂自体の指定は出来ません。空いている場所へ案内される流れになっています。

貸切露天風呂の様子。部屋についているものよりひとまわり大きかったです!源泉掛け流しで熱いので、自分で湯もみをして温度調節をして入ります。

そしてお風呂上がりはラウンジでケーキを食べました!

ケーキはドリンク付きで858円です。私のチョイスはザッハトルテ。チョコ系が大好きなんだよね。

ラウンジからも庭園が見えるので、アヒルちゃん達を見つつスイーツタイム。至高の時間や…

※ケーキセットは10:00〜18:00(L/O17:30)まで注文可能です。

夜の庭園

小腹を満たした後は暗くなってきた庭園を見に再び外へ出ました。

この時間になると、宿泊者もしくは日帰り温泉の利用客以外、庭園に入ることは出来ません。せっかくなので夜の庭園を歩きます。

玉簾の滝はライトアップされています。綺麗!

庭園の上のほうにあるしろめだかのがっこう。白いメダカたちが泳いでいます。

金魚がいる場所もありました。こちらも綺麗にライトアップされています。

アヒルちゃん達はおやすみモード。可愛い…

庭園から見た天成園と塔

明るい時間は甘味処として営業しているたまだれ庵。夜はひっそりとした雰囲気です。

たまだれ庵の端っこに足湯があります。日中は足湯用タオルが用意されていますが、夜はタオルがありません。でも、お部屋に用意されているタオルを持っていけばこの時間でも入れますよ!

足湯の近くへ歩いた向かった時に、野生のタヌキがいました。タヌキなんて久しぶりに見た!!

目があった瞬間に急いで逃げてしまったので写真に納めることは出来ませんでしたが、その姿を今でも覚えています。

玉簾神社へ続く階段は閉まっていて入れないようになっていました。

ラウンジから外を見たら、鳩ちゃんが!野生の子たちにとってもこの庭園はオアシスなんですなぁ。

晩御飯はバイキング!

2度目の庭園散策の後は晩御飯!天成園の晩御飯はバイキング形式になっています。

露天風呂付き客室の宿泊者は個室へ案内されるので、他の人たちの人目を気にせずにご飯を食べることが出来ます。

個室で食べる人にはお刺身も付いてきます。

宿泊者全員にふるわれる本日のスイーツ。10月だったので秋の味覚がたっぷり入っていました!

ちく

バイキングなので和食、洋食、中華などなど豪華なラインナップが取り揃えられていました!チョコレートファウンテンもあったのはびっくりしたなぁ。

天成園の近くをお散歩

またまた外へ行きます。今度は庭園ではなく天成園の敷地内ではなく、ちょっと外へ出てみることにしました。

夜の天成園の入口。綺麗にライトアップされています。

入り口を照らす街灯をよく見てみると天成園のオリジナルキャラクターの絵入り!可愛い!

外を歩いていたら野生の小さなカニを発見!意外と早いのでブレブレの写真しか撮れませんでした笑

この後、部屋へ戻って部屋にある露天風呂へ入りゆっくりしました。疲れをしっかりと取り、この日はぐっすり寝ることが出来ましたよ〜

アクセス情報
  • 住所:神奈川県足柄下郡箱根町湯本682
  • 電話番号:0460-83-8500
  • 公式サイトはこちら

以上、1日目の様子をお届けしました!

ちく

次回は2日目の様子をお届けします!2日目は朝もゆっくりと出発し、強羅を中心に満喫しましたよ〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です