【宮城旅行ブログ】松島を中心に宮城の海沿いを車で行く1泊2日【神社仏閣とポケふた巡り】#1

ども!ちく(@chikuhobbyphoto)です。

 

今回から2回にわたって、1泊2日の宮城県の海沿いを車で旅した時のレポをお届けします!

目的地は松島!まずは松島を目指し、その後は私の住んでいる茨城県へ向かってどんどん南へ進んでいくとドライブ旅です。

ちく

今回の旅は、気になっていた神社仏閣を巡りつつ、いつの間にかポケモンマンホール(ポケふた)を巡る旅になっていました。

もちろん宮城の名物グルメもたっぷり満喫しましたよ〜

おおまかな流れをまとめてみた

【1日目】(この記事)

1
多賀城&塩釜の神社へ
行ってみたかった2つの神社は参拝!
2
絶品あなごひつまぶし&牡蠣ランチ!
松島周辺へ行ったら絶対おすすめのお店 田里津庵でお昼ご飯を食べます
3
松島の王道スポットを観光
松島を代表する2つのお寺と島巡りをする船に乗るぞ!
Last
松島の海を望むホテルで1泊
松島のすぐそばにあるホテルで1泊します

【2日目】

1
松島の朝を満喫
朝の人が少ない海沿いをちょっとだけお散歩します
Last
ポケふためぐり&神社巡り!
この日は1日、行ってみたかった神社とポケふたを巡っていました

1日目は最終目的地が松島、そしてそこに至るまでに神社へ寄ったり、人気グルメを満喫したりした1日です!

ポケモンマンホール(ポケふた)って何?

今回の旅において重要(?)なキーワードの1つがポケふたです。

ポケふたとは、ポケモンのイラストが描かれているマンホールのことですよ〜!

全国各地の特定の場所に設置されているマンホールのふたです。

同じものは1つもありません。ポケふたは、全てが世界に1つだけのデザインとなっているマンホールのふたなのです。

ちく

ポケモン大好きな私は見逃せなかった

全国のどこにどんなポケふたがあるのか気になる人はぜひ公式サイトをチェックしてみて下さい!

参考 ポケふた 一覧ポケモン ローカルActs公式サイト

多賀城&塩釜にある神社へ!

宮城県へやって来たぞ!まずは行ってみたかった宮城県の2つの神社へ向かいます。

多賀城市の陸奥総社宮へ!

まずやってきたのは多賀城市にある陸奥総社宮むつそうしゃのみや

特徴的な名前のこちらの神社、この周辺にある数多くの神社を合わせて祀ったことから「総社宮」と呼ばれているのです。

手水舎の水が凍ってました…!

木々に囲まれた自然豊かな神社です

境内の一角。まるで森のよう!

アクセス情報
  • 住所:宮城県多賀城市市川奏社1
  • 公式サイトはこちら

神聖な範囲の陸奥國一之宮 鹽竈神社&志波彦神社へ

次にやって来たのは塩釜市にある鹽竈しおがま神社志波彦しわひこ神社です。

東北の中でも規模がかなり大きめの神社です。鹽竈神社の名で親しまれていますが、厳密には同じ境内に鹽竈神社と志波彦神社があります。

鹽竈神社の表参道。とっても長い階段の先に鹽竈神社があります。

鹽竈神社の拝殿。この先には右宮と左宮があり、それぞれ別の神様が祀られています。

境内に咲く四季桜。2月上旬でしたが、桜がちょっとだけ咲いていました!

アクセス情報
  • 住所:宮城県塩竈市一森山1-1
  • 公式サイトはこちら

松島でオススメのランチスポットと言えば田里津庵!

更に車で移動してやって来たのは田里津庵たりつあんと言うお店です。

松島湾沿いにあるお店ですよ~

お店の看板にも書かれている通り、牡蠣と穴子が有名なお店です!

お店の外観

座った席から見える松島の海

田里津庵へ行ったら絶対食べたい「あなごひつまぶし」

このお店の名物がこちらのあなごひつまぶしです。

あなごひつまぶし(上) 3200円

ふわっふわの穴子の酒蒸しがたっぷり入っています

あなごひつまぶしは、まずはそのまま、次にお好みの薬味で、更に出汁をかけてお茶漬け風に、3種類の楽しみ方が出来るメニューです。

ちく

最高に美味しいひつまぶしですよ~!!食べて絶対損しない!

私、このお店に行くのはこの旅で2度目だったのですが、松島行くなら絶対食べたいな〜と思って、このお店へ寄りました。

究極のかきフライと酒蒸し

田里津庵のもう1つの名物はかきフライ!メニュー名が究極のかきフライですからね、そりゃもう美味しいに決まってるよね!

時期によって、ふさわしいかきをチョイスして仕入れています。1年中、最高に美味しいかきフライを楽しめるお店なのです。

かきの仕入れ具合はその日によって変わるので、無くなり次第終了です。

かきフライ 3個

かきフライは単品注文も可能ですが、あなごひつまぶしとのセットもあるので、こちらをおすすめします。セットで3500円です。

 

更にかきを楽しみたい人におすすめなのがこちら。

殻付きかきの酒蒸し 800円

このお店のかき、すっごく大きいです・・・!お店の人チョイスのその時期で最高のかきですからね!

かき好きなら注文して損することは絶対にないです!!

あなご1本揚げも美味しいぞ!

更に追加注文したのがあなごの1本揚げ。こちらもかなり大きなあなごが使われています。

塩で楽しむ天ぷら(1200円)です

ちく

とっても満足のお昼ご飯を食べることが出来ました!

ちょっとお高いお店ですが、松島へ行く機会がある人はぜひこちらのお店をおすすめします。絶対後悔しない美味しい料理が出てくるお店です…!!

アクセス情報
  • 住所:宮城県宮城郡利府町赤沼字井戸尻132-2
  • 営業時間:平日 11:00~15:00/土日祝 11:00~16:00
  • 定休日:不定休
  • 公式サイトはこちら

松島へやってきたぞ!

いよいよ松島へ到着!さあ、松島を満期するぞ~

円通院で歴史ある雰囲気や味わう

まず松島へ到着してやってきたのは円通院えんつういん。政宗公の嫡孫、伊達光宗公の菩提寺です。

茅葺屋根の山門がお寺の入口!

境内にある石庭「天の庭」は松島湾に浮かぶ七福神の島を表しています

光宗公の霊廟「三慧殿」

禅林瞑想の庭。苔むす美しい景色を楽しむことが出来ます。

アクセス情報
  • 住所:宮城県宮城郡松島町松島町内67
  • 拝観時間:4月~10月下旬 8:30~17:00/10月下旬~11月 8:30~16:30/12月~3月 9:00~16:00 ※夜間特別拝観を実施する時期もあります
  • 拝観料:大人 300円、高校生 150円、小中学生 100円
  • 公式サイトはこちら

松島でもう1つ有名な瑞巌寺へ!

円通院から歩いてすぐの場所にある瑞巌寺ずいがんじも伺いました!

瑞巌寺の入口、総門

参道の両脇には苔むす場所が広がります

日に照らされる苔と砂利道。好き。

国宝に指定されている本堂

同じく国宝の庫裡

瑞巌寺は庫裡から建物内へ入り、本堂内を見学することが出来ます。写真撮影は禁止なので、写真はありません。

アクセス情報
  • 住所:宮城県宮城郡松島町松島町内91
  • 拝観時間:1月&12月 8:30~15:30/2月&11月 8:30~16:00/3月&10月 8:30~16:30/4月~9月 8:30~17:00
  • 拝観料:大人 700円、中学生以下 400円
  • 公式サイトはこちら

松島湾をクルージング!

松島へ行ったらぜひ遊覧船にも乗りましょう!

あすかと言う船に乗って松島湾の島めぐり政宗コースを楽しみまず!

通常料金でグリーン席を使ってもいいとのことだったので、遠慮なくグリーン席から松島湾を楽しみます!

ちく

暖房完備の船内だったので、寒い冬でも温度を気にせず船に乗ることが出来ます!

いってきます!

船の中から見た景色

まず出版してすぐに見えてくるのは、福浦橋。福浦島へ続く赤い橋です。

通行料を払うと、福浦橋を渡って福浦島内を散策することも出来るんですよ~

クルージングで楽しめるのはこんな感じの小さな島たち!松島湾にはたくさんの島があるのです。

ちく

私が乗った政宗コースは、いくつかあるコースのうち、一番色々な島に接近するものです!

ちょっとだけ外に出たけど寒かった!グリーン席、あったかくて景色も最高だ…!

海に何かが浮かんでる!船内アナウンスによると、この下で海苔の養殖がされているのだとか!

こちらの網のようなものは牡蠣の養殖所。ここで松島で味わえる美味しい牡蠣が作られているのね!!

島の真ん中に4つの穴が開いている島があります。この島は鐘島と言う名前です。

松島湾で特に有名なのがこの仁王島!面白い形をしています!

船内販売があったので、烏龍茶を飲みながら海を眺めていました

アクセス情報
  • 住所:宮城県宮城郡松島町松島町内98-1
  • 営業時間:9:00~16:00
  • 乗船料:グリーン席 2100円/通常 1500円
  • 公式サイトはこちら

ちく

松島湾の遊覧船は事前にネットで予約することも可能です!

遊覧船乗り場はいくつかあり、更に2つの会社があるので、自分が気になる方をチョイスするのがおすすめです。

参考 乗船予約丸分松島汽船株式会社 参考 オンライン予約松島島巡り観光船

ゆっくり松島で1泊

松島湾を満喫した後は、この日の宿へチェックイン!

泊まったホテルは松島センチュリーホテル。海側の席からは松島湾を見ることが出来る立地にあるホテルです。

海の見える部屋に泊まるぞ!

せっかくなので、松島湾が見える部屋へ泊まりました!

和室にふかふかのベッドが用意されているお部屋です。窓からは松島湾が見えています。

部屋から見える景色その1。福浦橋のすぐ近くです。

部屋から見える景色その2。夕暮れになってきた

部屋を出て、松島を散歩します

夕食の時間まではちょっと時間があったので、部屋を出て海沿いを歩くことにしました。

「日本三景 松島」記念撮影スポット!

遊覧船たち

松島レストハウス。遊覧船の受付や船の出発を待つ場所です。

ポケモンスタンプラリーとポケふた

松島レストハウス内で、ポケモンとのコラボイベントの一環であるスタンプラリーのスポットを発見!

宮城県の応援ポケモン ラプラスのスタンプラリーです!

松島レストハウスの近く、松島グリーン広場にポケふたを発見!

2匹のラプラスが福浦橋の向こう側を泳いでいます

ちく

もしもラプラスが現実にいたら、そんなことを連想させるデザインのポケふたです!素敵だぞ~!!!

ポケふた、他にも見てみたいね~と言う話になり、次の日はポケふた巡りながらスタンプラリーしよう!と言うことになりました。

夕暮れの五大堂

松島レストハウスの近くには五大堂があります。宮城県内で最も古い桃山建築のお堂です。

月と夕暮れの五大堂周辺

わかりにくかったので五大堂をアップで撮影!

夕方5時までは五大堂の前まで行くことが出来ます!夕暮れの五大堂、幻想的な雰囲気だ~

松島&宮城の名物を満喫出来る晩御飯!

夕食の時間になったので、ホテルに戻り、夕食会場へ。

夕食は、席に運ばれてくるメニューが一部と、バイキング形式になっているものが一部と言う珍しいスタイルでした。

ご飯、飲み物(一部有料)、漬物、味噌汁、デザート、牛タン、天ぷら、ステーキがバイキングになっています。

牛タン、天ぷら、ステーキの3品は会場内にあるダイニングキッチンで注文を受けてから作られます!

ちく

牛タン食べ放題!素晴らしい!

前菜として席に用意されていたメニューたち

席に運ばれてくる松島湾の海の幸

席に運ばれてくる煮物

席に運ばれてくるメニューのラストはかきフライでした!

食べ放題の牛タン。こりこり食感で美味しい!

とっても珍しいりんごの天ぷらも食べました!意外と天つゆと相性良いのよ・・・!

バイキングメニューのデザートの中にはずんだ餅やプリンがありました!どっちもうまし!

ちく

ずんだ餅がデザートメニューにあるのは宮城ならではですよね~!めちゃ美味しかった!

浴衣が可愛い!

お部屋に用意されていた浴衣がこちら

かもめモチーフの可愛いデザインなのです!男女兼用で、部屋にS~XLまでの浴衣が用意されていました。

ご飯を食べた後は、ゆっくり大浴場で体を休めましたよ~

ちく

露天風呂もあって良かったぞ!

部屋に戻る前に売店でかもめの玉子(980円)を買いました!

ちく

かもめの玉子はお隣 岩手県の銘菓なのですが、季節限定のみかん味が気になって買ってしまいました!
アクセス情報
  • 住所:宮城県宮城郡松島町松島字仙随8
  • 公式サイトはこちら

以上、1日目のレポでした!松島を中心に楽しんだ1日でしたよ~

ちく

次回は松島からどんどん南下してポケふたと気になる場所を巡った1日のレポをお届けします!

1泊2日の仙台満喫旅行レポも公開中!

以前訪れた仙台1泊2日旅を振り返るレポも公開中!

ぜひこちらの記事と合わせて読んでみて下さいください!

▼仙台レポ1日目の記事はこちら

【仙台旅行ブログ】王道と穴場で宮城ぐるり!1泊2日の仙台旅 #1【ちょっとだけポケモンGO】

▼仙台レポ2日目の記事はこちら

【仙台旅行ブログ】王道と穴場で宮城ぐるり!1泊2日の仙台旅 #2【ちょっとだけポケモンGO】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です