【サンセバスチャン旅行ブログ】おすすめバルとバスクチーズケーキ

こんにちは、ぷっちょ(@pucho0522)です。

スペイン(元)在住者 ぷっちょによる
🇪🇸スペイン旅行特集🇪🇸

第1弾・サンセバスティアン編

私は今ヘルシンキに住んでいますが、以前は北スペインのパンプローナという街に住んでいました。

2020年に入って、1週間パンプローナに滞在する機会があったので今回は北スペイン(バスク地方)のレポートです!

今週はぷっちょがおすすめするサンセバスティアン旅行!初めての1人旅をしてきましたよ〜!

▼この記事はこんな方にオススメです

  1. サンセバスティアンに行ってみたい!
  2. おすすめバルを知りたい!
  3. 短時間滞在でも満足したい!

ぷっちょはパンプローナからサンセバスティアンまでバスで移動しました。1時間で到着します!

10:00 サンセバスティアン到着!

スペインに住んでいた頃は車でしか行ったことがなく、今回初めてバスを利用しました。チケットの購入はパンプローナのバスターミナルで当日購入。乗車30分前でも余裕がありました。

サンセバスティアンのバスターミナルも初めて。バスターミナルの隣には駅もありました。バルセロナやマドリードから来る方は列車『Renfe』でこちらの駅に降りることになります。

サンセバスティアンに到着して、まず目にするのがこの橋。

全くのノープラン旅!朝ごはんも食べずにやってきたぷっちょはお腹がペコペコ。ですが、とりあえずサンセバと言ったらココ!なスポットへと向かいます。

バスターミナルのアクセス

>>Donostia-San Sebastián stationGoogleマップ

10:30 サンセバの海『ラ・コンチャ海岸』

やっぱりこの景色!最高です!気持ちがいい!

この日、天気予報は晴れでしたが曇りが目立ちました。1月下旬ですが気温は15度と寒くない気候で過ごしやすかったです。

サンセバはスペインに住んでいた頃に何度も訪れていますが、やっぱり素敵な街だな〜と感じます。

月曜日で人も少ない印象です。観光客もあまり見かけませんでした。

ラ・コンチャ海岸へのアクセス

>>ラ・コンチャ海岸Googleマップ

10:45 いざ、旧市街へ!!

早い時間なのでがらんとしてます。まだオープンしていないお店が多かったです。サンセバ旅行の際はご注意くださいね。

アンラッキーなことに、サンセバの歴史的建造物のほとんどが工事で覆われていました。時期的なやつだと思います。

全然お店やってないし、もういいや、ワイン飲もう。ってことで絶対ハズさないあのバルへいきましょう。

11:00 人気バル『Gorriti Taberna』

ダメもとでバルの前を通りかかったら結構空いている!いつもはとても混んでいるバルも、月曜日の11時ごろは空いていました。

美味しそうなピンチョスが並んでいます。どれにしよう。

バルの注文方法がパンプローナとサンセバスティアンとで少し異なります。

パンプローナは食べたいピンチョスを指差して『これください』と言うのですが、サンセバの場合は1枚お皿を受け取るので、好きなピンチョスを自分で取っていくビュッフェっぽいシステムになっています。

たくさん取りすぎてしまいそう。美味しそうなものが多すぎる!

飲み物は白ワイン。先にお会計を済ませましょう。

私は生ハムのピンチョスとオリーブとイワシのピンチョスにしました。やっぱり美味しい。普通の味を超えてくるこの美味しさはどこからくるんだろう。

朝から思ってもいなかった美味しいピンチョスに出会えてテンションが上がったぷっちょ。お次は市場でお土産を探しに行きます!

『Gorriti Taberna』のアクセス

>>Gorriti TabernaGoogleマップ

11:15 地下にある市場『ブレチャ市場』

サンセバに来ると必ず寄っているこの市場。私たちはよくサラミやオリーブを買っていました。今回も目的は同じ!

まずはオリーブ。早速お店の人が試食させてくれました。ニンニクのきいたオリーブ。これがとってもいい味で驚きました!よし、これだ!ここのオリーブ屋さんはお土産用にしっかり梱包してくれるので安心です。

美味しいね!と伝えるとこれもいいわよ〜といろんな種類のオリーブを試食。

あらかじめパッケージングされているピンチョスを発見。持って帰れるわよ〜!とのことだったのでこちらも購入しました。

次にやってきたのは生ハム屋さん。生ハムにもいろんな種類があり、当たり前ですが値段が高ければ高いほど香りも良く美味しいです。

大体予算を決めたら、見合った値段の生ハムを試食してみます。

目の前でスライスしてくれています。いざ試食!ワクワク

ウマーーーーーー!!!これでOK!グラム数を言って切ってもらうのも良いのですが、めんどくさかったので同じ種類の生ハムの既にパッケージングされているものを購入。

すごい楽しんじゃったな!スペイン語を少しだけ話せるようになって、こういう場面で会話ができるととてもうれしい気持ちになります。

サンセバスティアンは観光客も多いので、英語が通じる場所も多いのでご安心ください。

ブレチャ市場へのアクセス

ブレチャ市場Googleマップ
公式サイトhttp://cclabretxa.com
営業時間
月〜土 8時00分~21時00分
日曜日 定休日

12:00 ちょっと休憩!バスチー発見!

市場を出て隣にあったカフェ『Coffee Break Donosti』に入ってみることにしました。ここでコーヒー休憩です。

はい。チーズケーキです。あまりにも美味しそうだったので頼んでしまいました。

サンセバは日本で今大人気のスイーツ『バスチー(バスク風チーズケーキ)』が生まれた地です。本家はラ・ヴィニャという場所ですが、いろんな場所で増えてきたのでしょうか。

食べてみるとかなり美味しい!本家は甘味が強い印象でしたが、こっちはそれほど甘くなく私好みでした。とろりん濃厚なバスチーを是非、本場のサンセバスティアンでも楽しんでみてくださいね。

カフェでゆっくりしていると、スペインマダムが声をかけてきました。『あなたのマフラー落ちてるわよ〜』と。「あ〜!ホントだありがとう!」と言うとマフラーを拾って汚れを拭ってくれました。優しい!

カフェ『Coffee Break Donosti』のアクセス

Coffee Break DonostiGoogleマップ
営業時間
月〜土 8時00分~22時00分
日曜日 9時00分~22時00分

12:30 食べすぎたので旧市街を散歩

段々と賑やかになってきました。バルがオープンしだした!!

海も見て街も歩いて美味しいものを食べて美味しいお土産も購入できたのでぶっちゃけもう大満足。私がパンプローナに戻るバスは14時発なので、もう一件バルかカフェに行ってそこでゆっくりしようと思います。

12:45 地元の人で賑わうバル『Bideluze』

ここでは白ワインだけ。さすがにお腹がいっぱいです!座れる席がたくさんあったので休憩にちょうど良く居心地も良かったです。

バルのお姉さんに白ワイン1つください。と頼むとワインが2つ出てきてしまいました。

「いえ、私1杯だけ頼んだの。」と伝えてから申し訳なくなって『ごめんね』と言うと、お姉さんは『全然気にしないで〜!どうせこの後もう1杯飲むんでしょ?』と笑わせてくれました。いい人だ!

バル『Bideluze』へのアクセス

BideluzeGoogleマップ
公式サイトmultiespaciosweb.com
営業時間:
月〜金 8時00分~0時00分
土曜日 9時00分~2時00分
日曜日 11時00分~0時00分

13:00 散歩しながらバスターミナルへ

サンセバスティアン国際映画祭などで有名な建物を通ってサンセバの川沿いを散歩。

たまに雨が降っていました。北スペインは天気がとても変わりやすいので、天気予報は結構外れます。折り畳み傘を持っておくことをおすすめしますよ!

ふたたびサンセバのバスターミナルに到着しました。バス出発の10分〜5分前に乗車が出来るようになります。

『クルサール国際会議場・公会堂』アクセス

クルサール国際会議場・公会堂Googleマップ
公式サイトhttp://kursaal.eus

ありがとう!サンセバ!

一人旅でいろんな人とスペイン語を話して、いい人にたくさん出会えたほっこりな旅でした。

サンセバスティアンは観光地といってもどこか田舎な雰囲気もある素敵な街です。

スペイン語の挨拶などを覚えておくとスペイン人との距離も縮まります。

Hola!オラ!(こんにちは)やGracias! グラシアス!(ありがとう)など簡単なスペイン語から是非チャレンジしてみてくださいね。

いかがでしたか?短時間でも存分に楽しんだサンセバスティアンレポートでした。旅行を計画されている方の参考になれば幸いです!

来週はスペイン旅行特集第2弾・バルセロナ編です!

【バルセロナ旅行ブログ】シティーバスで楽々観光&激ウマレストラン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です