【ルートマップ付き】自然と神社仏閣巡りと温泉!群馬を自分流に満喫した1泊2日~田舎の優しさと温泉&グルメが最高だった1日目~

ども!ちく(@chikuhobbyphoto)です。

 

北関東の三県の茨城県に住む私、ちく。

最近、同じ北関東の群馬にときめいています。

 

と言うのも、少し前に1人で御朱印巡りで桐生市に訪れたのですが、人がみんなあたたかいんですよ、群馬!

まだまだ行ってみたい気になる神社仏閣もあるので、9月の3連休を利用して、1泊2日で旅行へ行ってきました!

 

今回の旅は群馬の気になる神社仏閣巡り&温泉旅!

自分で言うのもなんですが、まさにちく流旅って感じです!

ちく

どんなルートで行ったのか最後にマップも載せるので、旅や御朱印巡りの参考に活用してください!

1日目は桐生市からスタートして、気になる神社仏閣を巡りつつ、最終的に上州沼田へ辿り着き、温泉旅館で1泊と言う流れです。

それではレポスタートです!

おおまかな流れをまとめてみた

【1日目】(この記事)

1
桐生&前橋へ
まずは桐生市と前橋市の行きたかったお寺へ参拝!
2
高速道路のSAでランチ
いつも遅めのランチに定評のあるちくですが、今回はかなり早めにSAでランチを食べました。
3
利根郡&沼田を観光
上州へ上陸!利根郡や沼田市の神社仏閣を巡ります
4
この日最後の参拝は吉祥寺
東京ではない群馬の吉祥寺へ参拝!
Last
この日の宿のある老神温泉へ
予定よりちょっと早めにチェックインして、貸切露天風呂や上州牛を満喫!夜の温泉街もちょっとだけ散策しました

【2日目】

1
吹割の滝から1日がスタート
老神温泉から割と近い観光地と言うことで、まずは吹割の滝を見に行きました
2
渋川へ移動
渋川市へ移動し、神社仏閣と日本三大うどんの水沢うどんを満喫!
3
高崎へ移動
高崎市の山の方へ移動し、引き続き神社仏閣巡りを楽しみます
Last
榛名神社&榛名湖へ
上毛三山の1つ 榛名山にある自然に癒されました

1日目は神社仏閣巡りがメインです!

田舎らしい長閑な景色や昔ながらの温泉を楽しみつつ、群馬グルメを楽しみました!

まずは桐生&前橋で立ち寄った気になるお寺をサクッと紹介!

最初に桐生市と前橋市の訪れてみたかったお寺へ参拝するところからこの旅はスタート!

素敵なアート御朱印を頂いた崇禅寺

この旅でまずやってきたのは群馬県桐生市にある崇禅寺そうぜんじです!

桐生市は絵入り御朱印を頂けるお寺が多く、崇禅寺はその中の1つです。

境内は山の中にあると言うことで仏さまと一緒に境内を見渡すことが出来ます。

青紅葉がとっても素敵!崇禅寺は紅葉の名所でもあるのです。

ここからは気になる御朱印を紹介!

画像は自分で運営しているちくブロより引用しています。御朱印を拡大してみたい場合は、画像をタップ(クリック)して拡大すると見やすいかも。

2度参拝すると完成する4面の御朱印。崇禅寺を代表するアート御朱印です。

月替わりの御朱印。9月の御朱印にはブドウのイラストが描かれています。

青紅葉が描かれている御朱印もあります。

ちく

どれも素敵な御朱印ですよね~

何種類か御朱印をお願いする場合や遠方に住んでいる場合は御朱印帳を預けて郵送で送って頂くと良いかも!

ちなみに崇禅寺の近くには宝徳寺と言う関東では珍しい床もみじを見ることが出来るお寺もあります。こちらも豊富な御朱印のラインナップがあるお寺なので、合わせて訪れてみるのもおすすめです。

アクセス情報
  • 住所:群馬県桐生市川内町2-651
  • 電話番号:0277-65-9422
  • 御朱印受付時間:10:00~16:00
  • 公式サイトはこちら

前橋の梵字入りの御朱印が素敵な赤城山不動院!

群馬を代表する上毛三山の1つである赤城山。

その中にある赤城山不動院ぐんま花の駅としても親しまれているお寺です。四季折々で様々なお花を楽しむことが出来ます。

気になる御朱印はこちら。

梵字入りのお地蔵さんの御朱印です。伺った9月に合わせてお地蔵さんとウサギが月見をしている様子のイラスト入りです。

ちく

ここのご住職はお年を召した尼さんなのですが、この方とのおしゃべりが楽しくて、何度も参拝に訪れる人も多いのだとか!
アクセス情報
  • 住所:
  • 電話番号:027-285-6114
  • 御朱印受付時間:9:00〜15:30 ※お休みの日もあります
  • 公式サイトはこちら

お昼ご飯を食べに寄ったのは赤城高原SA

ここから上州へ向かう予定だったので高速で移動しました。

途中、お昼ご飯を食べに立ち寄ったのは赤城高原SA(下り)

高速道路で移動するとSAへ立ち寄るのも旅の1つの楽しみになったりしますよね!

お昼ご飯はひもかわうどんとソフトクリーム!

フードコート内でご飯を食べます!

まいたけ天のせひもかわうどん 820円

塩ラーメン 670円

お昼ご飯は麺類で軽く済ませました!

ロイヤルショコラミックス(380円)と白桃ミックス(450円)のソフトクリームも食べました!

ちく

SAや道の駅へ行くと、ソフトクリームやジェラートも食べたくなっちゃうよね!
アクセス情報
  • 住所:群馬県利根郡昭和村大字森下字箱崎1552
  • 公式サイトはこちら

上州沼田で御朱印巡り!

お腹を満たしたら御朱印巡りを再開!利根郡や沼田市の気になっていた神社やお寺へ参拝します。

茂左衛門地蔵尊 千日堂でお地蔵さんや天井龍の御朱印を頂いたよ!

まず訪れたのは利根郡みなかみ町にある茂左衛門地蔵尊 千日堂

昔、この地を救った茂左衛門さんと言う人物を仏さまとして祀っているお寺です。

本堂内に直接入り参拝することが可能なお寺です。

仏像はもちろん、天井絵も素敵なんですよ~

御朱印帳に直書して頂いた御朱印。 お地蔵さん入りの御朱印と通常御朱印です。 書き手の方が不在だったので郵送対応して頂きました。

書置の御朱印。こちらもお地蔵さんのイラスト入りです。

天井画の龍の写真が印刷されている御朱印。

アクセス情報
  • 住所:群馬県利根郡みなかみ町月夜野491
  • 電話番号:0278-62-2380
  • 御朱印受付時間:9:00~16:00
  • 公式サイトはありません

まるで京都のようなお寺!?嶽林寺

次に訪れたのは1つ前に紹介したお寺に祀られている茂左衛門さんの菩提寺である嶽林寺がくりんじ

田舎の美しいお寺で夏になるとホタルを見ることが出来ます。

目の前に広がる田園風景

本堂はお寺の方へ声をかけると中へ入れて頂くことが出来ます

お気に入りのポーズの像

上州三十三観音第27番富所「十一面観音」の御朱印を頂きました。

アクセス情報
  • 住所:群馬県利根郡みなかみ町月夜野1697
  • 電話番号:0278-62-6455
  • 御朱印受付時間:9:00~17:00
  • 公式サイトはこちら

田舎の小さな神社 三峯神社&丸山稲荷神社

細い道の先にある三峯神社丸山稲荷神社は、2019年になり特徴的な御朱印が登場したことで話題を呼んでいる神社です。

三峯神社の狛犬。 よく見る狛犬は神獣感がありますが、この狛犬はリアルな犬っぽさがありますね!

丸山稲荷神社は古墳の中にあります。 けもの道のようになっている中に鳥居があるのが素敵! ただし暑い時期は蚊に注意です!

片面の三峯神社の御朱印。 朱色の蛇の印が特徴です。

見開きの三峯神社の御朱印。 こちらには金色の蛇の印が押されています。

丸山稲荷神社の9月限定御朱印。 コスモスが中央に描かれています。

ちく

こちらの神社、御朱印の見本のところに値段が書いてあるのですが「円」ではなく「縁」と表記されていました!

縁結びに御利益がある神社らしさを感じますよね~

アクセス情報
  • 住所:群馬県利根郡みなかみ町師1588
  • 電話番号:0278-62-3338
  • 御朱印受付時間:9:00〜17:00
  • 公式サイトはこちら

御朱印が話題の観音寺へ!

山の中を進んでいくと観音寺へ着きました。

ここ数年、様々な絵入り御朱印が登場していることで話題の御朱印です。

本堂前に大きなしゃもじが飾られていました。 これは奉納されたものなのだそう。 いかにこのお寺が親しまれているかがわかりますね!

本堂の奥に山があります。
普段は登山は禁止で、特定の日に登山出来るようになるのだとか。

観音寺のスタンダードな御朱印である「観音力」の御朱印。 ご住職が訪れた人に観音さまのお力が届きますように、と言う願いが込められた言葉なのだそう。

4面を使って描かれている達磨さんの御朱印。 中央に書かれている言葉は何種類かあり、その中から好きな言葉を書いて頂くことが出来ます。

絵入りの書置御朱印。 9月限定の御朱印で、ウサギがお月見している様子が描かれています。

観音さまの絵入り御朱印。 こちらには朱色で「観音力」と書かれています。

アクセス情報
  • 住所:群馬県利根郡みなかみ町月夜野491
  • 電話番号:0278-23-9410
  • 御朱印受付時間:9:00~12:00、13:00~16:00 ※12:00~13:00はお昼休み、水曜日は授与業務がお休み
  • 公式サイトはこちら

沼田榛名神社へ!御朱印帳も頂いたよ!

沼田市の中心へ移動し、沼田榛名はるな神社を訪れました。

シンプルな拝殿には大きな絵が飾られています

オリジナル御朱印帳を頂きました! ここに描かれているのは本殿内の絵です。 中央には真田家の家紋である六文銭がデザインされています。

頂いた御朱印は3種。 左から面美様、大國社、榛名神社です。 榛名神社以外の2社は境内社です。

アクセス情報
  • 住所:群馬県沼田市榛名町2850-19
  • 電話番号:0278-22-2655
  • 御朱印受付時間:9:00〜17:00
  • 公式サイトはこちら

かつてお城があった沼田城跡で鳥さんに癒されました

沼田榛名神社のすぐ近くに沼田城があった沼田城跡があります。

有名な戦国武将 真田幸村の兄である真田信之と縁の深いお城です。

かつて本丸があった場所にはお花がたくさん植えられています

本丸跡の近くに鳥さんがたくさんいました! オカメインコちゃんのむちむちボディが可愛すぎる!

ちく

鳥以外にもウサギやクマがいました。クマが檻の中で飼われているのも中々に珍しかった…

ここでは御城印や御朱印風ポストカードを頂くことが出来ます。

上3つが御朱印風ポストカード 下3つが御城印 御城印はイラスト入りや月替わりのものもあります。

アクセス情報
  • 住所:群馬県沼田市西倉内町594
  • 公式サイトはありません

この日最後の参拝は吉祥寺!庭園が素敵!

最後に訪れたのは吉祥寺

東京にいる人は吉祥寺と言う地名にピンと来る人もいそうですが、あの吉祥寺とは関係がないお寺です。

群馬県内では珍しい拝観料が必要なお寺です。拝観料を支払うだけのことはあり、とても綺麗な景観を楽しむことが出来ます。

9月と言うことで境内にはコスモスの花が咲いていました

大きな山門の先に緑が綺麗な参道が続いています

本堂へ続く玄関。特徴的な窓の先に庭園が見えています。

枯山水庭園も!素敵なお寺だなぁ

頂いた御朱印は2種。 左は9月の御朱印(書置のみ)、右は通常御朱印です。 吉祥寺には月ごとにイラスト入りの御朱印があり、どの月のものもいつでも頂くことが出来ます。 例えば、9月に訪れて3月の御朱印を頂くことも出来るのです。

アクセス情報
  • 住所:
  • 電話番号:0278-52-2434
  • 拝観時間:9:00~17:00
  • 拝観料:大人 500円、小中高生 250円
  • 公式サイトはこちら

この旅の宿は老神温泉にある金龍園!

夕方5時間頃、この日の宿がある老神おいがみ温泉へやってきました。

お世話になる宿の名前は金龍園。天然温泉がある温泉宿です!

外観はこんな感じ

和室のお部屋が昔ながらの旅館って感じで素敵!

チェックインしてお部屋へやってきました。

ザ 昔ながらの旅館!な雰囲気が素敵〜

お部屋にお茶とお菓子が用意されています。

温泉まんじゅうがめちゃくちゃ美味しかった…!!

宿泊料金に+1000円で貸切温泉に入れる…だと…!?

1000円追加料金を支払うだけで貸切温泉に入れるという贅沢…!

迷うことなく利用することにしました。

貸切露天風呂は、2人で入るには広すぎるくらいの木のお風呂です。

時間制限があり30分しか貸切が出来ないので、ゆっくり体を洗うと言うよりは、じっくり温泉に浸かると良いかも。

灯りがオシャレな和の演出をしていて素敵!

この他に混浴の大浴場と露天風呂、女性専用のお風呂の3種類があります。

混浴のお風呂は専用の服が男女それぞれ用意されているので、他の人の目を気にせず入れますよ!

ちく

夜の9時過ぎにいったら混浴露天風呂が貸切でした!運良かった!

地のものをたっぷり使った晩御飯を食べるぞ!上州牛が美味しすぎる…!

お風呂の後に晩御飯!お部屋ごとに用意されているお食事席で晩御飯を食べるので、他の人の目を気にせずに楽しむことがでかます。

先に席に用意されていたメニュー表を大公開!

左側には使われている地のものの説明も書いてあるんですよ~

席に用意されていた前菜など

ちく

お刺身の中に自家製こんにゃくの刺身があるんですけど、これがすっごい美味しかった!

晩御飯のメインディッシュ上州牛!!!

焼き肉にして食べます!!!

ちく

上州牛めっちゃ美味しい…!!!今年食べた肉の中で3本指に入るほど美味しかったよ…

岩魚の塩焼き。焼きたてほやほやが出てきます。

赤城豚ときのこの味噌鍋!牛も美味しいけど豚も美味しかった!

抹茶塩で食べる天ぷらたち。 写真ではちょっと隠れてしまいましたが、後ろにまいたけの天ぷらもあります。

デザートもこんにゃく!きなこと黒蜜で頂きます! 一番手前のまんまるはマスカットです。これもまた美味しい

ちく

群馬の料理、どれもこれも美味しくて大満足でした…!!

晩御飯を食べ終わって部屋に戻るとお布団が敷かれていました。 旅館の素敵なところだよね、このサービス。

夜の老神温泉街を散策

お腹を満たした後は老神温泉を散策します。

泊まった宿とは別のホテル

歓迎 ようこそ老神温泉

超巨大な蛇の像を発見!

これ御神輿なんですって!

赤城山の神が蛇、日光男体山の神がムカデに化けて戦っていました。

矢を刺され、傷を負った蛇は老神の地まで一度戻り、その矢を抜いて地面に刺しました。

するとそこから温泉が湧き出し、その温泉に浸かった蛇がすぐに回復してムカデを追い返しました。

このことから「追い神おいがみ」と呼ばれており、現在の「老神」温泉の名前の由来になったのです。

この為、蛇を大切にしており、御神輿としてかついでまわるお祭り(大蛇まつり)が今でも開催されています。

アクセス情報
  • 住所:群馬県沼田市利根町老神592
  • 電話番号:0278-56-3021
  • 公式サイトはこちら

1日目のルートマップ

ちく

以上、群馬旅1日目のレポでした!次回は2日目レポ!お楽しみに~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です